Ameba blog 今日の修理品 ←Ameba Blog『今日の修理品』はコチラ!!

(表示価格には別途消費税が必要です)
ギターは使っていると温度・湿度・使用状態でネックやパーツが老朽し状態が悪くなります。
ナット交換・フレット交換・すり合わせ・ネック折れからサーキットまで豊富なパーツ、技術、経験でベストな状態に戻してお渡ししております。
ギターリペア・カスタム価格表
.
ボルトオンネック
セット・
スルーネック
ネック部
ナット
ナット切り込み調整
\3,000〜
\3,000〜
ナット交換(ナット代別)
\8,000〜
\8,000〜
ペグ
ペグ交換(加工有)ネジ穴加工程度
\3,000〜
【シャフト穴加工 +\3,000】
\3,000〜
【シャフト穴加工 +\3,000】
ペグ交換(加工無)
\2,000〜
\2,000〜
ネック
*ロッド調整(ヘッド部)
\2,000
\2,000
*ロッド調整(ネックエンド部)
【ネック脱着 +\2,000】
\2,000
\2,000
ネック折れ修正
\40,000〜
\40,000〜
スキャロップド加工(1F)
\2,000〜
\2,000〜
指板はがれ
\12,000〜
\12,000〜
フレット
フレットすり合わせ
\12,000
\14,000
フレット交換
\23,000〜
\28,000〜
フレットレス加工
\25,000〜
\30,000〜
フレットバリ取り面取り仕上げ
\3,000〜
\4,000〜
ボディ部
ブリッジ
*弦高調整
\2,000〜
\2,000〜
*オクターブ調整【STOP TALE】
\2,000〜
\2,000〜
*オクターブ調整【FRT】
\3,000〜
\3,000〜
ブリッジ交換
\4,000〜
\4,000〜
AGブリッジはがれ
\8,000〜
\8,000〜
AGサドル交換
\5,000〜
\5,000〜
フロイドローズトレモロ取付
\10,000〜
\13,000〜
フロイドローズトレモロ取付(落込有)
\16,000〜
\18,000〜
PU
PUキャビティ加工
ピックアップ交換
\2,500〜
\2,500〜
バッテリー・キャビティ加工
\6,000〜
\6,000〜
TP
テールピース交換
\2,500〜
\2,500〜
サーキット
配線
\1,000〜
銀ハンダ使用・配線
+\300
取付
\2,000〜
ノイズ処理
\8,000〜
PG
レバー・スイッチ穴あけ
\2,000〜
\2,000〜
ピックガード交換
\2,000〜
\2,000〜
ピックガード製作
\10,000〜
\10,000〜
ピックガードはがれ塗装(塗込)
\15,000〜
ボディ
ボディ割れ
\12,000〜
ちから木はがれ
\8,000〜
塗装
ボディ
キズ修正・部分塗装
\8,000〜
\8,000〜
全塗装(ハガシ込)
\60,000〜
\80,000〜
カスタムペイント
\15,000〜
\15,000〜
オールラッカー仕上げ
\12,000〜
\15,000〜
ネック
全塗装(ハガシ込)
\30,000〜
オールラッカー仕上げ
\5,000〜
その他
弦交換【ノントレEG・AG】
\500
弦交換【FRT EG・CG】
\1,000
フレット磨き
\2,000

(表示価格には別途消費税が必要です)
当店では、一般のお客様からの修理ご依頼はもちろんの事、大手メーカーからの修理も多数受けております。 TUBEギターアンプのモデファイ、修理を中心にソリッドステートアンプ、エファクター、音響機材など様々なメーカー、機種の修理に対応可能です。 抵抗、コンデンサ、TUBEの交換をはじめGAINUP、MASTER VOLの取り付け、ポイント・トゥ・ポイント配線への改造さらにアンプの製作まで行っております。 アンプのことでお悩みの方は一度ご相談下さい。
アンプリペア価格表
一般的なパーツ交換などの修理
(POT、ジャック、抵抗、コンデンサ)
ハンドワイアリングタイプ ¥12,000〜
プリント基盤タイプ ¥14,000〜
スピーカー交換 キャビネットタイプにより異なる ¥4,000〜
真空管交換 プリ管 ¥2,000
パワー管(バイアス調整込み) ¥20,000
オーバーホール パーツ代、TUBE代、バイアス調整などを含む ¥80,000〜
モデファイ マスターボリューム取り付けなど、限定された場所のみのモデファイ ¥15,000〜
アンプ全体のモデファイ、サウンドの向上、プリント基盤からハンドワイアリングへの変更など ¥80,000〜
カスタムオーダー 詳細は別途、お問合せ下さい ¥150,000〜
カスタマイズについて
・アンプのカスタマイズはアンプが正常に動作していることを前提に行います。
・正常に動作していない場合はまず正常に戻してからになります。
・チューブは種類によりサウンドが変化しますので、視聴していただいた上でチューブを選んでいただけます。

症状確認 バラシ 故障箇所の確認
1.症状確認
まず、お預かりした機材の症状を確認します。 症状の確認が出来ましたら故障箇所を推測します。 確認が出来ない場合には故障した際の状況を詳しくお尋ね致します。
2.バラシ
故障箇所と思われる正確な場所を確認する為にカバーリングやネットを傷つけないように慎重に機材をバラシします。
3.故障箇所の確認
故障原因となっているパーツ等を知識と経験を生かしてテスター、オシロスコープなどの測定器を使い特定します。 その際周辺パーツにも異常がないかを併せてチェック致します。 この段階で見積りが必要な場合には見積りをお出します(見積り後、修理をキャンセルされる場合はキャンセル料¥5,000〜¥8,000円を頂きます)
パーツ交換 サウンドチェック 最終チェック
4.パーツ交換
壊れたパーツの交換します。 基本的に純正パーツを使いますが、必要に応じて同規格もしくはそれ以外(特性、耐久性などに優れた)の代用品を使用致します。
5.サウンドチェック
必要な処理が終わりましたらサウンドチェックを行います。 この時回路全体にも異常がないか確認致します。
6.組み込み、最終チェック、修理完了
サウンドチェックが完了しましたら再び元の状態に組み直し、その後再びサウンドチェックを行います。 ここで修復の確認がとれましたら修理完了となります。

■各種リペアのお問合せ■

--修理依頼送付先--
■〒862-0950
 熊本市中央区水前寺5丁目18-11 (株)Beatnic80

■電話でのお問合せは:096-384-2554
■Mailでのお問合せは:こちらに
 ※お気軽にお問合せ下さい。